トップ患者様へ >入院について
入院について
患者様へイメージ

患者さまがご不自由のないよう、少しでも気持ちよく療養できるよう努力しております。職員は公平な気持ちで優しく思いやりをもって患者さまに接するようこころがけております。

 
入院のご案内
●入院手続きに必要なもの

・入院申込書(入院予約時、又はケースワーカーとの面談時に外来にてお渡しいたします)
・診察券
・保険証および各種医療受給者証(老人医療証等、公費負担制度をお持ちの方)
・印鑑(認印)
・入院保証金(生活保護の方のみ必要ありません) 50,000円
入院保証金は、退院時会計にてご返金いたします。
預り証は大切に保管し退院時にお持ちください。

入院手続きに必要なもの

入院当日は、事前にお渡し致しました入院申込書をご記入の上、指定された時間までに患者様の様子や症状に詳しい方(ご両親、配偶者、お身内の方等)が付き添われ、受付までお越し下さい。
入院の費用につきましては、保険給付外(お部屋代、文書料、保険給付対象外材料等)も含め、毎月2回(15日及び月末締め)でご請求させて頂きます。


●入院の手続き

当病院の医師が診察をして入院が必要となった場合に入院となります。
入院は緊急な場合を除き予約となりますが、病室の都合などから入院日が決まらない場合には、後日当院より入院日が決定しだいご連絡を差し上げます。
入院当日は、受付で必要な手続きをお願いいたします。
手続き完了後、病棟へご案内いたします。


●入院時のお持ち物

当院では、院内の衛生管理、サービスの向上、患者さまご家族の負担の軽減を目的に、入院中に使用されるおむつ、寝巻、タオル類、及び日用品は専門の業者に委託しております。
専門の業者と患者さまとの間でのレンタル契約をお願いしております。
下着のみご用意下さい。


●入院費のお支払い

(1) 入院料のお支払いは、毎月1日〜15日迄を20日頃に16日〜月末迄を5日頃に請求書を病室までお届けしますので、会計窓口でお支払い下さい。
(2) 不明な点がありましたら、お支払いの前に会計窓口へお問い合わせ下さい。
(3)領収書は、高額医療の払い戻し、所得税の医療控除を申告する時などに必要となりますので、大切に保管して下さい


●退院のお手続き

退院につきましては主治医の指示にお従い下さい。
入院費等を会計窓口でお支払いいただき、退院となります。
お預かりしております入院保証金のご清算も致しますので、預り証をお持ち下さい。
ご不明な点は会計窓口にお申し出下さい。


 
入院時にお守りいただく事項

医師、看護師からの指示はお守りください。
入院中に事故防止の為、貴重品及び金銭、所持品は最小限にお願い致します。
病室内は清潔に保ち、必要な物以外は置かないようにお願い致します。
治療中の食事は、病状に応じて献立、調理したものをご用意いたしますので、基本的にお持ち 込みはご遠慮下さい。

消灯は午後9時となっております。消灯時間になりましたらベッドへお戻りください。
消灯後は院外へ出ることはできません。
外出や外泊を希望される場合は、医師の許可を必ず受けてください。
テレビをご覧になる方は、イヤホンはナースステーションにお申し出下さい。
テレビはプリペイドカード式になっておりますので、2階病棟備え付けの販売機にてカードを購入していただきご使用ください。
テレビ等電気製品のお持ち込みはご遠慮ください。

電話の取り次ぎは原則として致しません。
入院中の車の留め置きはご遠慮ください。
入院中の飲酒、病院内での喫煙は禁止します。
他の患者様に迷惑をお掛けになられたり、医師や看護婦の指示に従って頂けない方は退院して頂く事がありますのでご了承下さい。
病院施設・備品等は大切にお使いください。
破損された場合は実費をいただくことがあります。
入院中は病院の諸規則をお守りください。
又、診療上に関することは医師・看護婦の指示に従ってください。

何かご不明な点がございましたらナースステーションまでお尋ねください。


病気や健康法に関する質問などに電子メールやお電話でお答えすることは、出来ません。その場合には正式な受診手続きをお取りください